マイカーローン金利@最安値の金利はコチラ

マイカーローンの金利最安値を調べてみました。注目は全国対応の地方銀行マイカーローンです!

2台同時に車を買って後悔しています

車購入

10年間乗っていたカローラが壊れてしまったので、ようやく夢だった新車のノアを購入することができました。

その後すぐに転職して車通勤になったため、新車でムーブカスタムも買いました。

両方共、残価設定で5年ローンにしました。

損保ジャパン日本興亜のマイカーローン」と迷いましたが、キャンペーン金利が年1.9%だったので残価設定型ローンを選びました。

でも、正直2台は、無謀だったと思います。

ノアが5万+保険代、ムーブが2万+保険代、税金やら車検やら点検とお金がかかりました。

あの時に戻れるなら、車を2台も買うかどうかもっと考えたし、中古でもよかったと思います。

 

購入のときも試乗してテンションが上がってしまって、もう頭は買うしかなかったですよね~。

買って1年ぐらいでタイヤを交換したり、オイル交換したりで、ランニングコストもばっちり掛かっています。

さらにバッテリーまで変えることになってしまい、車に使うお金を準備するので大変でした。

 

5年が経過しました

二台同時に購入してから、なんとか5年経ちました。

今もノアは、元気に走っています。

ムーブは5年経って払い終わったと思ったら、残価が残っていて30万ぐらいだったけど売りました。

ノアは、残価が80万ぐらい残っていて、でも旦那が売りたくないと言ったので売却しませんでした。

喧嘩になるのも嫌だったため、今も毎月5万円払いながら乗り続けています。

生活をするうえで車は大事です。

でも、そんなにこだわりがないのなら、中古でも良いと思います。

あまり車にお金を掛けるくらいなら、マイホームの購入を考えた方がいいかとも思います。

家を買うなら車の10倍くらいお金が掛かるので、もっと慎重に相談しないと借金で火の車になりそうです。

当分は賃貸アパートに住みながら、貯金をして準備をしていくつもりです。

そうしているうちに、ノアが故障して車の買い替えとかになりそうだな~~。

 

「マイカーローン金利最安値」でググってみたら・・・

銀色の新車

年末後ボーナスを見越して、11月中旬くらいから車の買い替えを検討し始めました。

2年ほど前に軽自動車のハスラーを購入したのですが、家族が増えたので普通乗用車が必要となったのです。

ファミリー用の車ということで、セレナやステップワゴンクラスのワンボックスカーを探してたんです。

最初は中古車にしようかと思ったんだけど、近所に中古車屋が少ないこととあまり良いワンボックスカーが在庫されてなかったので新車も込めて検討することにしました。

自動車購入の資金については12月のボーナスから30万円程度を頭金にし、残りの金額をマイカーローンで借り入れする予定でした。

できればローンの利息は少なくしたかったので頭金を50万円くらい払うつもりだったのですが、ボーナスが思ったより金額が少なかったので急遽変更したんです。

ところが、洗濯機が急に故障してしたり、エアコンの調子が悪くなったりと、予想外の出費が立て続けに怒りました。

当初頭金として考えていた30万円も、家電の買い替えで使うことになってしまったのです。

そうなると全額マイカーローンで借入しなければならなくなったので、やっぱり中古車を探すことにしました。

 

★中古車を買うつもりがお買い得車が登場!

少し距離が遠い中古車センターまで足を運んだのですが、どうにも希望する車種が見つかりません。

12月のボーナス商戦中ならばカーディーラーの値引き率も大きくなるので、もう一度新車も含めて希望車種の相見積もりを取りました。

すると日産セレナがモデルチェンジしたのですが、型落ちのタイプならかなり値引きできるという情報をディーラー担当者から聞き出しました。

型落ちタイプなのでカラーも限定されていて、黒や白などの人気カラーは在庫がないようです。

仕方なくオレンジ色のカラーですがかなり安い値段で見積もりが出てきたので、即決で購入することを決めました。

もろもろのオプションも装備されて200万円ちょっとの価格で収まったのですが、マイカーローンの借入先をまた見つけていませんでした。

取り急ぎディーラーが取り扱っているディーラーローンなら審査はすぐ通りました。

でも金利が年4.8%と高かったので、もっと安い金利のマイカーローンを探すことにしたんです。

インターネットで「マイカーローン金利最安値」とググったら、ネット銀行や地方銀行の金利が安いマイカーローンがいくつか見つかりました。

金利比較だけで一番安い利率のマイカーローンに申し込むのは簡単ですが、金利が安いほど審査が厳しいとも聞きます。

私の場合、職業が公務員なので、仕事柄ローン審査には強いという自負があります。

金利が高いディーラーローンを利用するよりも、地方銀行の低金利マイカーローンに申し込んでみようと思います。

*追記:ローン審査に無事通りました。

時間がない中でバタバタした車の買い替えでしたが、結果的にはお得に購入することができたので満足でした。

 

 

マイカーローンの簡単でお得な申し込み方法とは

マイカーローンは多くの金融機関が提供をしています。

最近はWEB申し込みによる来店不要のマイカーローンが人気です。

申し込み方法に関しては主に、WEB、FAX、郵送、店頭による方法が用いられています。

事前に借入限度額の確認や返済シュミレーションができるシステムが設けられている場合もあります。

借入申込に関しては、かつては最初から店頭に出向くことで行われていました。

現在においてはインターネットが利用されることも多く、手続きもより迅速に進めることができるようになっています。

実際の申し込み方法としては、例えば地銀大手行の1つとなる千葉銀行のマイカーローンでは仮審査から仮審査結果の通知、窓口での正式申込みを経て借入という流れとなります。

仮審査は「らくらく仮審査」の名称で提供されておりインターネットの場合には必要項目を専用フォームに入力することで行います。

電話の場合には平日9:00~20:00、土・日・祝日は10:00~17:00までの受付となります。

FAXでは仮審査申込書をプリントアウトした後に必要事項に記入し送ることになります。

仮審査結果の通知は翌営業日以降に電話や電子メールまたは郵送にて知らされ、合格した場合には窓口で正式な申込を行います。

千葉銀行では正式申込みは1回で済むようにしており、ここでは

  • 運転免許証などの本人確認資料の写し
  • 健康保険証などの勤続または営業年数が確認できる書類の写し
  • 源泉徴収票などの所得証明関係書類
  • 資金使途や必要金額が確認できる書面の写し
  • 銀行届出印

が必要になります。

融資は正式な審査結果が電話で通知された後に申込者の返済用口座に行われ、入金後は指定された支払い先に千葉銀行が振込を行う内容になっています。

 

マイカーローンの適用金利は仮審査でわかる?

マイカーローンの適用金利は、最終的には審査に申込みをしてみないとわかりません。

審査の結果によって、金利が引き下げられることもあります。

銀行のマイカーローンなら、まずはインターネットから仮審査に申込みをして、その後車を契約し、書類を揃えてから本審査に申込みをします。

本審査に通過したら、正式な契約をして、融資が実行されます。

最終的な条件は、本審査の結果が出ないとわからないので、車を契約して大丈夫か不安を感じることもあります。

しかし、基本的には仮審査の結果で適用金利や与信限度額がわかるので、あまり心配をする必要はありません。

仮審査にはインターネットから手軽に申込みができるので、手間もかかりません。

仮審査では通過したのに、本審査には落ちてしまったということが稀にあります。

仮審査の結果が出てから期間が空いてしまっている場合には、異なる結果になる可能性が上がってしまうので、なるべく期間を空けずに本審査に申込みをしましょう。

また、申込みのときに嘘をついてしまっているケースでも、本審査で落ちてしまうことがあるので、なるべく正確な情報を記入するようにしましょう。

銀行のマーカーローンでは、本審査への申込みや、正式な契約の時には銀行の窓口まで来店しなければならないことが多く、手間がかかります。

しかし、ディーラーローンに比べると金利はかなり低いので、そのデメリットを受け入れてもよいほどのメリットもあります。

まずは仮審査に申込みをしてみましょう。

仮審査は無料で利用できて、仮審査に通過してもキャンセル可能です。

もちろんキャンセル用なども発生しません。

安心して利用できるので、審査が気になる人は利用しないと損ですよ。